ANAとJALマイルを簡単に貯める方法を伝授!

マイルを貯める方法

ポイント

ふるさと納税「さとふる」はポイントサイトを経由すると超絶お得になるって知ってますか?

ふるさと納税を行う時、ふるさと納税のサイトに直接アクセスしていませんか。

直接とは?

検索サイト(GoogleやYahoo)の検索サイトからキーワードを入力してアクセス、または、ブックマーク(お気に入り)からのアクセス。

実は、ポイントサイトを経由すると、お得に返礼品をゲットする事が出来るのです。寄附金額にもよりますが、自己負担額2,000円も実質無料を実現する事が出来ます。

今日はポイントサイト「moppy(モッピー)」を経由して、ふるさと納税「さとふる」で寄附を行う方法をご紹介したいと思います。

 

ふるさと納税ってなに?

今まで一度もふるさと納税を行った事がない人もいると思います。とても良い制度なので是非利用して頂ければと思います。

ふるさと納税とは、実質負担2,000円の「寄附」という形でお好きな地域を応援できる仕組みです。

応援したい好きな自治体へ寄附をする仕組みのことです。寄附をすると、寄附金の使い道を選べ、地域に貢献することができます。さらに、地域の特産物が寄附の返礼品として貰え、寄附金が税金から控除される制度なんです!

文字だけでは何がどう凄いのか分かりにくいと思います。以下の画像を見て下さい。好きな自治体に寄付する事によって自己負担額が2,000円で返礼品がもらえるのです。

※ふるさと納税で行った寄附は、2,000円を超える部分について、一定の限度額まで原則として所得税・住民税から全額が控除されます。

 

寄附金額には上限額が設定されているので事前に確認が必要!

実は、寄附金額には上限が設定されています。上限については本人の収入や控除額によって変更されます。上限額についてはシミュレーションが出来るので目安としてどれくらいなのかを寄附を行う前に知っておきましょう!

ふるさと納税「さとふる 」では寄附金額の上限額をシミュレーションする事が出来ます。

控除額の計算は以下の通り行われています。

今回は難しい話は本題からそれてしまうので行いませんが、上記の図のように所得税、住民税を知っておけば上限額を知る事が出来ます。詳細の計算方法については「さとふる 」の公式サイトに記載されているので事前に確認しておきましょう。

【注意】寄附をした後は申請を行わないと全額負担となってしまう!

寄附を行えば自動的に税金が控除される訳ではありません。実はふるさと納税を行った後は「私はこの自治体に寄附をしましたよ。」という申請が必要なのです。

寄附を行うと自治体からは「寄附金受領証明書」がもらえます。私たち寄附金受領証明書と申請書で申請を行います。申請には「ワンストップ特例制度」がとても便利です。

ワンストップ特例制度とは、以下の条件を満たせば、ふるさと納税の確定申告が不要になる制度です。

メモ

  • ふるさと納税以外の確定申告が不要な給与所得者(会社員など)である。
  • 一年間(1月~12月)でふるさと納税の寄附先が5自治体以内である。
    ※5自治体内なら何度でも寄附可能

自営業者や高所得者など、もともと確定申告を行う必要がある方は、すべての寄附の寄附金受領証明書を添えて税務署に確定申告を行ってください。

という事で、確定申告を行わない、寄附した自治体が5自治体内の場合はわざわざ税務署に行かなくても自宅で控除の申請を行う事が出来ます。ワンストップ特例制度の対象者は利用しましょう。

ワンストップ特例制度の申請手順

ワンストップ特例制度を利用する場合は以下の順番で行います。

  1. 自治体に寄附を申し込む
  2. 申し込みフォームに「ワンストップ特例制度利用する」にチェックを付けます。
    ※ふるなびの場合
  3. 返礼品を受け取る
    ※寄附金受領証明書も同時に受け取ります。
  4. 特例申請書と各種書類を準備します。
  5. 特例申請書と各種書類を寄附先の自治体に郵送する

ふるさと納税「さとふる 」の場合、ワンストップ特例制度の申請用紙はマイページでダウンロードする事が出来ます。

ワンストップ特例制度の書き方は以下の通り。

以下の各種書類を準備し、郵送します。

A、B、Cのいずれかの組み合わせでの提出が必要となります。

AパターンBパターンCパターン
  • マイナンバーカード(表面)のコピー

  • マイナンバーカード(裏面)のコピー

次のうちいずれか1点のコピー

  • マイナンバー通知カード
  • マイナンバーの記載されている住民票

+次のうちいずれか1点のコピー

  • 運転免許証
  • パスポート

次のうちいずれか1点のコピー

  • マイナンバー通知カード
  • マイナンバーの記載されている住民票

+次のうちいずれか2点のコピー

  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 提出先自治体が認める公的書類

 

ポイントサイトの仕組みについて

次に、ポイントサイトの仕組みについて勉強しましょう。

詳細については別記事で詳しく説明しているので、そちらをご覧ください。

10年以上使った私が書くポイントサイトの仕組みや危険性などについて

ANAマイルを貯める方法の近道の一つとして「ポイントサイト」を利用する。飛行機に一度も乗る必要もありませんし、ANAのクレジットカードで支払う必要もないのです。 年間21万ANAマイルを貯める方法!飛 ...

続きを見る

ポイントサイトを経由してさとふるにアクセスする方法

ここからはこの記事のメインとなる、ポイントサイトを経由して「さとふる 」で寄附を行う方法をご紹介していきたいと思います。

step
1
モッピーにアクセスします。

登録まだの人はこちら

step
2
検索結果からさとふるを選択します

ポイント

まだ、さとふるの会員登録をしていない人は、一番、右の「会員登録(無料)さとふる」を選択しましょう。その後、一番、左のさとふるの選択しましょう。

step
3
ショップへGOをクリックします

step
4
公式サイトにアクセスされます

アクセス後は、検索欄に任意のキーワードを入力して検索を行い、寄附に進めばOKです。

注意ポイント

ポイントサイトから公式サイトにアクセスした場合、他の作業は中止しておきましょう。他の作業をしてしまうと、ポイントサイトから経由した情報がなくなってしまうからです。

貯めたポイントはANAマイルに交換しよう

ポイントサイトで貯めたポイントの使い道は「ANAマイル」がおすすめです。以下は私がポイントサイトで貯めたポイントで獲得したハワイ(ホノルル)の航空券です。

通販でおすすめの格安BTOデスクトップパソコンを「マウスコンピューター」で購入!

ANAマイルを貯めるとハワイに行けます。ポイントサイトでANAマイルを貯める方法を知ってから人生が変わりました。家族を連れて色々な場所へ旅行に行く事が出来るようになったのです。

ポイントサイトのポイントをANAマイルに交換する事によって人生が変わりました。

まずはハワイに行ける事です。その他にも沖縄に年に1回。その他にも年間4回以上はANAマイルでタダで飛行機に乗れています。ポイントサイトと出会わなければ飛行機に乗って旅行なんて絶対に出来なかったことです。

ココがおすすめ

 

ポイントをザクザク貯めよう

いかがでしたでしょうか。

ポイントサイト「moppy(モッピー)」を利用する事によって、寄附金額の2.5%がポイントとして戻ってきます!

まだ、「moppy(モッピー)」を登録していない人は以下のリンクまたはバナーから登録する事が出来ます(無料登録)。この機会に是非ご利用して頂ければと思います。

ポイントサイト「モッピー(moppy)」の登録を行う

モッピー!お金がたまるポイントサイト

※現在、キャンペーンにつき新規登録者には1,000円相当のポイントを獲得する事が出来ます。

-ポイント
-,

Copyright© マイルを貯める方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.