ANAとJALマイルを簡単に貯める方法を伝授!

マイルを貯める方法




ハワイ 家族旅行

海外旅行保険は加入しておこう!旅行先での治療は高額だぞ!私は大丈夫は甘い考えかも?

旅行会社で海外旅行の契約をした時におすすめされるのが海外旅行保険。

海外旅行保険について一度は勉強をした事がある人は「うん。海外で何かあったら大変だから加入すべき」と思うかもしれませんが、保険という存在すらよく分かっていない人はこう思うのではないでしょうか。

俺、元気だから必要ない

と、よく分からない理由で契約しない人も多いのではないでしょうか。今まで海外旅行の保険に加入せず海外に行き何事もなく帰国してきた人は保険に大事さを少し知った方が良いかと思います。

実は、海外でケガなどをした場合、想像以上の高額な医療費を請求されることになります。数千円で補償されるのであれば加入すべきだと私は思う訳です。

いくらくらいの補償がある保険に加入すれば良いのかという疑問が出てきますよね。そんな方に今日は「ここ(国)に行くならこれくらいの保険に加入すればOK」をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

旅行先によって治療費は異なる

海外では日本とは違って「自由診療」となります。全ての治療費を自分で支払わなければいけないため高額な治療費となります。

治療費はその国によって異なります。国別の治療費についてはジェイアイ傷害火災保険株式会社というサイトで見る事が出来ます。

ハワイの場合

我が家では2019年6月にANAマイルを貯めてハワイに行く予定です。

ジェイアイ傷害火災保険株式会社のサイトを見ると「アメリカ合衆国/ホノルル」の医療事情のページを見る事が出来ます。

上記のように治療費の目安を見る事が出来ます。虫垂炎(ちゅうすいえん)にかかってしまった場合、300万円の支払いが発生してしまうのです。

スポンサーリンク

価格.com経由だと安い(たぶん)

過去、何度か海外に行きましたが、私はいつも価格.com経由して申込(契約)をしております。

旅行先と人数と日数を入力すると一括で保険料を比較する事が出来ます。

まずは、各社の保険料を比較する前に、価格.comでもどれくらいの補償が最適なのかを確認する事が出来ます。

画像の通り1,000万円で契約する人が多いようです。ただ、1,000万円を超えるケースも過去にあるみたいで1,500万円を選ぶ人もいるようです。

スクロールすると各保険屋の保険料、治療費などなど比較する事が出来ます。並び替えも可能なので自分に合った会社をすぐ見つける事が可能です。

私は1,500万円を選択

我が家の場合、治療費が1,500万円まで補償してくれる保険を契約しました。家族4人で6,320円でした。高額な治療費を発生してしまう事を考えれば6千円はやすいです。

ちなみに、去年の沖縄旅行で長男がベットとベットの間から頭から落ちてタクシーで病院で検査をした経験もあります。何もおきないはずだとは思いますが、前回の沖縄旅行で海外旅行保険の必要性はアップしましたね(;^_^A

スポンサーリンク

クレジットカードの海外旅行傷害保険で大丈夫なのか?

私は、海外旅行傷害保険つきのクレジットカードを持っているから大丈夫だという人を見かけます。果たして本当に大丈夫なのか気になりませんか。

海外旅行傷害保険で人気のクレジットカードと言えば「エポスカード」だと思います。

その理由は年会費が無料なのに海外旅行傷害保険が自動付帯なのです。

自動付帯とは?

クレジットカードを持っているだけで適用される保険。利用付帯の場合、クレジットカードで旅行代金を支払うことで適用される保険。

数あるクレジットカードの中で年会費が無料で自動付帯なのがエポスカードなのですが、補償内容を見て「クレジットカードがあるから大丈夫」と思うのか。になります。

上の画像は「エポスカード」の公式サイトから頂いた補償内容の一覧です。傷害治療費と疾病治療費が300万円以下なのです。これが少ないか多いかですよね。

ハワイの場合、1,000万円を超える治療があると考えると少し不安かな。と、私は思います。

海外旅行傷害保険つきのクレジットカードを複数枚持っている場合

えっ、じゃあ、海外旅行傷害保険つきのクレジットカードを複数枚持っていた場合、合算出来ないの?と思う人もいるかと思います。はい、私も凄く気になりました。

結論から言うと「合算可能」です。

但し、「死亡、後遺障害」の場合は持っているクレジットカードの中で一番高額な保険金が対象となるようです。

それ以外については合算が可能だそうです。

合算を詳しく

Aのクレジットカードでは200万円。Bのクレジットカードでは100万円。Cのクレジットカードでは50万円の場合、ごうけい350万円が補償の対象額となります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

海外旅行保険についてのお話でした。色々書きましたが、海外旅行傷害保険つきのクレジットカードを持っている人は旅行先によって海外旅行保険を加入するかしないかで判断してみると良いかと思います。

持っていない人は個人的に加入をおすすめします。海外でケガをしてしまった場合、困るのは自分。数千円で安心が買えるのであれば安いのではと私は思います。

今まで海外旅行保険を契約していなかった人、または、気にもした事がない人は一度考えるのも良いかと思います。

0円旅行を楽しむ方法!

1

今日はこの記事を見て皆さんにもANAマイルを貯める喜び、使う喜びを味わってもらいたく記事を書いていきたいと思います。 私は2016年にANAマイルを貯める裏技を知り、今までに色々な場所に家族で旅行に行 ...

2

最近、クレジットカードのブログや雑誌などでおすすめされている「SPGアメックスカード(スターウッド プリファード ゲストアメリカン・エキスプレス・カード)」をよく見ませんか? もちろん私も持っています ...



-ハワイ, 家族旅行
-

Copyright© マイルを貯める方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.